賛美歌

トンガはキリスト教国家です。

先日書いた同僚のお父さんのお通夜。
その時に歌われていた賛美歌が耳から離れなくて、
その後も偶然ラジオから流れているのを聞いたりしたので、
書き留めておきたいと思います。


”Nearer, my God, to Thee”

Nearer, my God, to Thee, Nearer to Thee!
E'en though it be a cross That raiseth me;
Still all my song shall be,.
Nearer, my God, to Thee, Nearer, my God, to Thee,Nearer to Thee!


”主よみもとに近づかん”

主よみもとに近づかん
のぼるみちは 十字架に
ありともなど かなしむべき
主よみもとに近づかん


あぁ、肝心のトンガ語がわからない・・・。
今度調べておこう。

当たり前のことですが、トンガでは聖書も賛美歌もトンガ語で読まれ、歌われています。
日曜日、トンガの教会に行っても何を言っているのかチンプンカンプンだし、
賛美歌もトンガオリジナルの曲など、知らない歌が多いのですが、
たまに知っているメロディーが流れてくると、なんだかほっとします。

特にこのお通夜の時は、トンガ語の歌詞は分からないけど、
メロディーを知っていたので、周りの人と一緒に故人を悼んで歌うことができました。

ことばは違っても、同じ思いで歌を歌えるって中々ないことだなと思います。


ちなみに、トンガで教会とは宗教的な意味と合わせて、地域のコミュニティー、軽く言ってしまえばご近所付き合いの意味合いも強いので、クリスチャンでなくても人間関係づくりに教会に通うボランティアは多いです。特にアメリカのボランティア(peace corps)は、村に住んでいるので教会には必ず行っています。(1つの教会に通う人、毎週違う教会を回っている人など様々ですが。)

私は最近全く行かなくなってしまったのですが、
教会にって、家族と一緒にウムを食べる、そんな日曜日をまた過ごしたくなりました。

e0264881_6581615.jpg

[PR]

by tongasan | 2014-07-27 07:05  

センチメンタルな土曜日 >>